MENU

赤ちゃんの飲むミルクに使うお水のこと、しっかり考えていますか?

人間は一日に多くの水分を必要とします。

 

中でも赤ちゃんは離乳食を食べられるようになるまでは、母乳やミルクしか飲むことはできません。そのミルクを作るのに必要なのがお湯です。

 

赤ちゃんにとって、いかにお水が重要かということがよく分かりますよね。そこで使ってあげたいのが、やはり安全で安心できるお水だと思います。

 

現在の水道水でミルクを作るのは不安が大きい

 

現状では医師や助産師さんから水道水を使ってもかまわないというアドバイスを受けている人が、ほとんどではないしょうか。

 

なぜなら日本というのはとてもきれいな上水を誇る国なので、たしかに水道から水を飲むことにまったく問題はなかったのです。これは世界的にもまれで、素晴らしいことでした。

 

しかしそれも今や過去の話といってよいでしょう。あの東日本大震災が起きてからは、残念ながらその信頼感は完全になくなってしまいました。

 

ご存知のように、水道水から放射性物質が検出されるケースは現在も続いています。これは被災地に限った話ではありません。すでに関西でも検出されているということは、日本全国の問題だと考えるほうがむしろ自然でしょう。

 

さらに気をつけなければいけないのは、放射性物質だけではありません。トリハロメタンも気になる問題です。こちらに関しては別のページで詳しく説明しています。

 

ミネラルウォーターでミルクを作るなら硬度に注意し、必ず軟水を使う!

 

水道水がダメならミネラルウォーターを使えばいい、そう考える人も多いでしょう。ですが、ここでも気をつけなければいけないポイントがあります。それは、ミルク作りにおいて硬水はNGということ。

 

ですから、もしミネラルウォーターを使ってミルクを作るときには軟水であることを事前に確かめるようにしておいてください。

 

次に、ミネラルウォーターの中でどれが一番安心できる商品になるのか、ということが気になると思います。ですが、これに関しては実は客観的にこうだと断定するようなことはそれほど簡単ではありません。

 

そこで販売元のメーカーに問い合わせ、まとめた情報を別ページに記載しておきました。よかったらそちらも参考にしてみてください。

 

最終的には自分の感覚で、ここがもっとも安心できるという水を選ぶことが大切です。ほかにも使いやすさの面なども考慮してみてください。

 

ミルク作りのために重たい水を買うのはひと苦労・・・・そんなとき助かるのがウォーターサーバー

 

水を買うというのは意外と大変な行為です。まず何より重量がありますし、選んだ商品がいつもかならず店舗に置いてあるとはかぎりません。

 

そこで便利なのが、ウォーターサーバーを利用するという方法です。

 

ミルク作りに関していえば、普段は冷たい水を使いながら、ミルクを作るときだけちょうどよい温度のお湯を使うこともできますし、何よりわざわざ買いに行く手間や時間が省けるというのが最大のメリットでしょう。

 

ゴミが出ないという点も意外と助かるものです。