MENU

赤ちゃんが飲むための水をどうやって選ぶのかについて紹介します

赤ちゃんはまだ免疫力が弱いので、どのような水を使ってミルクを作るかが難しいものですよね。

 

2011年以降から現在間瀬、放射能が問題となっています。

 

日本の水道水は安全かというと必ずしもそうではないものです。放射能が含まれる可能性はあります。そうなのでペットボトルに入っているミネラルウォーターを購入する人も増えつつあります。

 

その場合にはやはり海外の水を購入した方が安全だと考える人も多いでしょう。しかし、海外の水は本当に安全なのかという疑問がわいてきます。気を付けなければならないポイントが2つあるのでこれから紹介します。

 

硬度を把握する必要があります。

 

水には硬度というものがあります。これはカルシウム、そしてマグネシウムがどれだけ含まれているかというものです。

 

硬度が低い場合は軟水、高い場合は硬水と分類されます。水の硬度は1Lに含まれているミネラルの量で分けることが出来ます。

 

  1. 軟水は0から100r
  2. 中硬水は100から300mg
  3. 硬水300mgより多くのミネラルが含まれている

 

この3種類の水の中でミルクを作るために使用することが出来るのは軟水のみです。

 

硬水の中には多くのミネラル成分が含まれていますから、赤ちゃんが飲むと負担が大きいです。その結果、下痢を起こしてしまうかもしれないのです。

 

コントレックスは女性には人気があるのですが、ミネラル含有量は1468mgですからミルクを作るときには使用することは出来ません。

 

日本で採取される水の多くは軟水です。海外の水は硬水が多いです。ですから、海外の水を買うときには、硬水か軟水化を判断するために成分表示を見る必要があります。

 

放射性物質の検査を行っているかが重要です。

 

昨今では何かと問題になっている放射性物質ですが、これから赤ちゃんを守っていくことは重要です。日本は今、放射性物質によって困ってしまっている状態ですが、海外でもそれが無いわけではないのです。

 

チェルノブイリの事故が起こってからは今なお、汚染は収まっていませんし、今までの歴史の中で核実験をする国も多かったのです。海外が完全に安全であるとは言い切れないのです。

 

一番安全な水はどこのものなのかは難しいものです。そうなので、その判断は自分でしか行うことが出来ません。検査結果を見て、自分が許容できる範囲を決めるべきです。

 

例えばボルヴィックという水は軟水であり、その硬度は60です。これならばミルクには使用しても差し支えありません。放射性物質については、メーカーの基準としては1ベクレル以下ならば出荷しても良いと判断しています。

 

これに対して日本は10ベクレル以下ならば安全として出荷しています。こう考えると海外のメーカーのほうが安全であると言えます。

 

水は身近なものですが、それを選ぶのは難しいものです。日常的にどのような水が良いのかを調べるようにすると、それを活用する段階でも楽に行動をすることが出来ます。

 

良い水を調べ、そして良質なミルクを赤ちゃんに飲ませてあげる事を心掛けましょう。