MENU

赤ちゃんが口にするミルクは安全なミネラルウォーターで

日本の原発事故で日本の雰囲気はいっぺんしたと多くの方が言いますが、赤ちゃんのミルク作りでもそうです。

 

多くのお父さんお母さんが赤ちゃんには特に安全なものをと良いミネラルウォーターを求めるようになりました。

 

さて、どうやって選べば良いのでしょうか?その基準になる知識をお伝えします。

 

安全かどうかを調べる

 

ミネラルウォーターを選ぶことにおいてこれははずせません。この世にわざわざ安全でないミネラルウォーターを買う人はいるでしょうか?

 

もしいるとしたらよほど水に困っている地域の方なのでしょう。現在の日本で安全性と聞いて気になるのは放射性物質です。

 

さて、それがどれくらい含まれていても大丈夫なのかの基準なのでうが、2014年12月現在では日本の飲料水は10ベクレル未満です。

 

もちろん0に近いほど安全なので、メーカーのサイトを見たり電話してみたりしてその水の安全基準はどれくらいなのか聞いてみると良いでしょう。

 

経済的かどうか

 

いくら安全安心のものを口にしたいと言ってもそれで家が破産しては安心して暮らせず本末転倒です。

 

水は毎日使うものなので手ごろな価格なものを選ぶべきなのですが、赤ちゃんのミルク作りに使うだけならそれほど量を使わないでしょう。
なのでそれだけ少し高めのミネラルウォーターにしても良いかもしれません。

 

入手しやすいかどうか

 

なんとなく水を使っているとすぐになくなってしまいます。家族が何人もいるとその傾向は顕著になり、その上水はかさばるので買って家に運ぶのも大変です。

 

なのでごく近所で手に入るものか、通販で買うと良いでしょう。あるいはいっそウォーターサーバーを設置すると大変便利になります。

 

ゴミが捨てやすいかどうか

 

ミネラルウォーターを買って使っていて困るのはたくさんのゴミです。

 

軽いペットボトルでも捨てに行くのは大変なのに、それがガラス瓶だったりしたら本当に重くて大変で、これでぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

 

なので潰せるペットボトルにするかさらにゴミが少ないウォーターサーバーがおすすめです。

 

ミネラルの多すぎる硬水を避ける

 

赤ちゃんは硬度100以下の軟水ではないと内臓に大きな負担をかけて病気の原因になります。

 

症状は下痢やけいれんなどがあり、気をつけなくてはいけません。ここまでたくさんのことを言いましたが、ウォーターサーバーが一番おすすめできます。

 

なんと使い終わっても簡単に捨てられるゴミが1つ出るだけなので非常に負担が少なくて済みます。