MENU

赤ちゃんのミルクに水道水を使っていませんか?

赤ちゃんのミルクを作る際、どんなお水を使っていますか?

 

水道水でミルクをつくっていませんか?日本の水道水は、他国に比べると綺麗だと言われています。

 

確かに、他国に比べると透明で綺麗な日本の水道水。ですが、赤ちゃんにあげても大丈夫なほどに安全なのでしょうか?

 

日本の水道水は赤ちゃんにとっても安全な水と言える?

 

一般的に、赤ちゃんのミルクを水道水で作るのは安全だと言われています。メーカーや医師も、基本的に“水道水で赤ちゃんのミルクを作るのは問題ない”としていますね。

 

でも、本当に大丈夫なのかと不安です。それは、水道水には「トリハロメタン」が含まれているため。

 

トリハロメタンとは、原水を塩素処理する過程で生まれる物質であり、「発がん性」が指摘されているものなのです。

 

沸騰させればいい思われる方も多いでしょう。ですが、そう簡単な問題ではないのです。
なんと、トリハロメタンは、むしろ煮沸によって数値が倍増!

 

ちょっと煮立たせたくらいでは、効果がないどころか逆効果になってしまうのです。もちろん、トリハロメタンを取り除く方法がないわけではありません。

 

煮沸を3分以上続ければ濃度が半分以下に…。50分ほど煮立たせれば、なんとか取り除くことができるそうです。

 

毎日、この作業を続けられますか?これでは時間はもちろん、ガス代・電気代だってモッタイナイですよね。

 

どうすればトリハロメタンに悩まずにすむのか?

 

では、どうしたらトリハロメタンに頭を悩ませずに済むのでしょう。答えは簡単。

 

トリハロメタンは塩素処理によって生み出される物資ですから、塩素処理をしていない水を使えばいいのです。塩素処理をしていない水、つまり天然水こそ、トリハロメタンの不安がないお水!

 

近年は、スーパーやコンビニで気軽に天然水を購入することができるようになりましたし、ウォーターサーバーを利用すれば、重いお水をスーパーから自宅まで運ぶ負担からも解放されますね。

 

ぜひ、赤ちゃんのため、天然水の利用を考えてみて下さい。